Blog&column
ブログ・コラム

お孫さんがお別れの言葉を読む際の書き方と注意点

query_builder 2021/08/15
コラム
店前花

お葬式ではお別れの言葉を告げる場面がありますが、お孫さんがお別れの言葉を告げる場合もあります。
では、お孫さんが告げる場合どんな内容を書けばいいのでしょうか。
そこで今回は、お孫さんがお別れを読む際の書き方と注意点をご紹介します。

▼お孫さんがお別れを読む際の書き方

お別れの言葉というと、きちんと書かなければならないイメージがありますよね。
しかし格式張った文章よりも、故人に対する素直な想いを書くほうが大切です。
その方が故人も喜んでくれますよ。

お孫さんが幼く代筆をする場合は本人が読みやすいようひらがなで書きましょう。
さらに本人が読み上げやすく、参列者が聞き取りやすい言葉を選んでください。

▼お孫さんが読む際の構成

構成に決まりはありませんが、一般的には下記のように構成されます。
①故人への語りかけ
②故人とのエピソード
③故人への別れの言葉

▼お孫さんが書いた文面を読む際の注意点

内容に忌み言葉が含まれていたり、意味が伝わりづらい表現が書かれている可能性があります。
そのため出来上がったら、確認して修正しておくのがおすすめです。
例えば、生死を表す言葉である、死ぬ、生きるなどの言葉は忌み言葉なので元気な頃、亡くなるなどと言い換えましょう。
また、繰り返しを連想させる言葉も避けましょう。

いろいろと書きましたが要は「おじいちゃん・おばあちゃん〇〇の時楽しかったよ!ありがとう!ずっとお空から見ててね!」って事かな!?

これは自論ですが最近ではご家族だけのお葬式が主立っているために「挨拶はしませんので」とおっしゃる方が増えていますが人生最後のお別れですので、大好きだったお孫さんにお別れをさせるのも良いのではないでしょうか?
故人への気持ちや子供ながらにご自身の心の整理が付き心優しい思いやりの在る大人への一節に成るのではないかと思います。

▼葬儀ならKATO-Funeral Serviceへ

KATO-Funeral Serviceでは、ご遺族の気持ちに寄り添ったお葬式をおこなっています。
家族葬一日葬など、さまざまなプランがあるのでご遺族のご希望に合うお葬式を実現できます。
お葬式をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

NEW

  • 最近では海洋散骨も増えてますね!

    query_builder 2021/10/13
  • 紅葉がチラホラ始まりました!

    query_builder 2020/11/06
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • 法事に適したお菓子とはどのようなお菓子?

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE