Blog&column
ブログ・コラム

火葬の際に用意しておくべきとは?

query_builder 2021/07/15
コラム
新店舗用花

火葬をするときは、棺の中に納められている故人の周りにを添えます。
実は、添えるの種類は宗教形式によって異なります。
そこで今回は、火葬の際に添えるの種類について解説致します。

▼仏教式

仏教式では、菊やユリ、アイリスなどの白いおが一般的です。
菊以外はあまりイメージになかったかもしれませんが、一輪で持ちやすいという点から近年よく飾られるようになりました。
また、白いカーネーションも増えてきています。

▼神道式

神道式では、榊(さかき)が多く用いられますが、他にも菊、ユリ、カーネーションなどが使われます。
仏教式と同様に白いが用いられますが、淡い黄色のも飾られます。

▼キリスト教式

キリスト教式では、ユリやカーネーションが多く、色は白です。
特に白いカーネーションは、亡くなった母に添えるという意味合いがあります。
キリスト教式でも菊が用いられますが、色は白ではなく青が選ばれます。

の色の選び方について

どの宗教形式でも、白いが一般的です。
しかし、ご遺族の要望によってはピンクや青などの色が用いられる場合もあります。
色がハッキリ付いているは、遺骨に色移りしてしまう可能性があるので注意する必要があります。

上記の内容は基本となりますが、今では故人様の好みのおや色も多く用いられますので余りお考えにならなくて良いみたいですよ。やはり送ってあげる気持ちが一番だと思います。

▼葬儀ならKATO-Funeral Serviceへ

KATO-Funeral Serviceでは、ご遺族に寄り添った葬儀を取り扱っています。
丁寧にご要望を伺い、ご遺族が思い描く葬儀を実現します。
24時間営業ですので、急なご依頼も対応可能です。いつでもお電話ご相談くださいね。
     070-5570-9590 / 03-3232-1777 

NEW

  • 紅葉がチラホラ始まりました!

    query_builder 2020/11/06
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • 法事の平服とはどんな服装のこと?

    query_builder 2021/09/15
  • 法事や回忌の意味について

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE