Blog&column
ブログ・コラム

葬儀で使用される祭壇の種類について

query_builder 2021/06/01
コラム
12_D_1a

お葬式の際に遺影やが飾られているのを見たことがあると思います。これを祭壇と言い、故人を供養するための大切なものになります。
そこで今回は、葬儀で使用される祭壇の種類について解説していきます。

▼白木祭壇
祭壇と言われて連想する人が多いのが白木祭壇ではないでしょうか。この白木祭壇は日本で最も使用されている祭壇となっていましたが今ではお祭壇が多いですね。
価格は大きさや内容により約35万円から。

祭壇
人気を集めてきているのが祭壇です。
以前祭壇は芸能人などの大規模な葬儀で使われることが多いイメージですが、近年では一般的な葬儀でも主流になってます。
を使用するのが一般的で、故人が生前好きだったや遺族が希望する、形を作ることができ、その場限りという儚さも有りますね。
価格は約15万円から。 

▼キリスト教式祭壇
キリスト教の場合は教会に祭壇で飾り付けを行います。
他の祭壇と比べて薄めの色や白上がりで作りますので清楚な雰囲気になります。祭壇の飾り方は教会によって異なるので、事前に確認が必要です。
価格は15万円から。

▼神式祭壇
神式祭壇は以前は白木でつくられることが多く、天叢雲剣・八咫鏡・八尺瓊勾玉のレプリカを飾ります。近年では祭壇も多くなっています。
価格は正式な祭壇ですと60万円から。祭壇ですと30万円から。
▼オリジナル祭壇
オリジナル祭壇は、ルールに沿ってつくられる祭壇とは違い全てオリジナルでつくることができます。
故人に趣味に合わせてギターやピアノ、ゴルフと言った凝った祭壇をつくりたい場合にピッタリです。
価格は製作内容にもよりますが、40万円から。

▼まとめ
葬儀で使用される祭壇には様々な種類があります。
当店の価格は全て式場幕飾り、仏具備品込み価格となっております。
                   (内容・式場によっては追加料金が発生する場合がございます。)
どの祭壇にしようか迷っているという方は、ぜひ当店にご相談ください。
全てのご希望(内容・価格)に添ってお創り致します。
           070-5570-9590/03-3232-1777

NEW

  • 紅葉がチラホラ始まりました!

    query_builder 2020/11/06
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • 日本の火葬の歴史について解説

    query_builder 2021/06/15
  • 葬儀で使用される祭壇の種類について

    query_builder 2021/06/01

CATEGORY

ARCHIVE