Blog&column
ブログ・コラム

祭壇に生を使用する場合の金額やの種類について

query_builder 2021/04/22
コラム
NS-0062_R

近年独自性のある葬儀が増えてきましたが、祭壇にも変化が表れてきています。
昔は白木祭壇が一般的でしたが、生祭壇というを使った祭壇が主流になっています。
そこで今回は、祭壇に生を使用する場合の金額やの種類について解説していきます。

▼生祭壇とは
祭壇とは、その名の通り生でつくられた祭壇です。
祭壇といえば大規模な葬儀でのみ採用されるイメージが強かったのですが、現在は一般的な葬儀でも採用されるようになってきました。
ご葬家様の希望や故人の好きだったなどを飾ることができるので、繰り返し使用される白木祭壇に比べてオリジナリティのあるその場1回限りの祭壇をつくることができます。

▼生祭壇の金額
祭壇は大規模な葬儀で採用されるというイメージ・全て手差しで作成ですので、かなり高額なのではないかと思ってしまいますよね。
実際に昔はとても高価で一般家庭ではなかなか使われることがありませんでしたが、当店では需要が増えた事で白木祭壇と同じくらいの値段、又はそれより低価格でつくることができます。
たとえば1~2段で横幅が1.5~2mの生祭壇の場合、基本額25万円~が目安となります。これは区民葬祭壇料より低価となり、また白木祭壇のような段数や基本飾り品が無いために、思いのほかスッキリと立派できれいに見えます。当店では全てのご希望に添え作成することが出来ますので、きっとご納得頂ける事と思います。

▼生祭壇に用いられるの種類
以前生祭壇は基本的に菊や薄い色のでしたが 今では何を使ってもいいとされています。
そのため、故人が生前好きだったや、遺族が希望するを使うことができます。ひまわり・桜も使用する事ありますよ。
中でもカーネーション、バラなどの洋が用いられることが多く色も明るい色を多種類用いる事が増えております。

▼まとめ
少人数でも思い出に残るお葬式で故人を送り出したい!と希望する方々の為にも当店では世界に1つだけのオリジナリティのある祭壇を作り、お手伝いをさせて頂きます。
お葬式祭壇について相談されたいという方は、当店に気軽にお問い合わせください。             小さな葬儀屋さん KATO-Funeral Service
                                                                 代表 加藤昭弘
                  070-5570-9590/03-3232-1777  

NEW

  • 紅葉がチラホラ始まりました!

    query_builder 2020/11/06
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • 法事の平服とはどんな服装のこと?

    query_builder 2021/09/15
  • 法事や回忌の意味について

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE