Blog&column
ブログ・コラム

葬儀屋ではどのような仕事内容をこなしているの?

query_builder 2021/02/22
コラム
看板 (2)

葬儀屋さんというと、一般的な仕事内容とは大きく異なるイメージがありますよね。
今回は葬儀屋の仕事内容をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

▼葬儀屋さんの仕事内容

葬儀屋さんは、その名の通り葬儀に関する一連の流れを担う会社です。
葬儀の依頼を受けたら、まずはご遺体の管理を始めます。
ご遺体を保全するためのドライアイスを用意し、安置場所の手配をしながら、ご遺族との葬儀の打ち合わせも行っていきますので分からない事など、どんどん質問して下さいね。ただし、あやふやな返答、答えられないような葬儀屋は要注意ですので、一旦保留にして別の葬儀屋さんを訪ねてもいいでしょう。

葬儀の段取りが決まったら、会場設営の手配や火葬場への連絡、おの手配、料理や香典返しなど、葬儀に関するありとあらゆることを進めていき、葬儀当日を迎えます。

■葬儀当日の進行や納棺も葬儀屋さんの仕事

葬儀当日の受付は、基本的に故人やご親族のご友人や知人などにお任せすることになります。(現金を扱うため)
葬儀屋さんが葬儀当日に行う仕事内容は、葬儀場の設営や司会進行、そして納棺です。その他、人の流れや式進行の時間配分。通夜ぶるまいお料理の量、お弁当個数確認と依頼。等々
納棺については映画「おくりびと」で有名になりましたが、基本的には葬儀屋さん職員でやる場合が多く、映画のような方式ではなく、今は簡略された内容になってます。
稀に納棺や湯灌(湯船でおからだを綺麗に流すこと)を専門に行っている業者から納棺師を招くこともありますが、そういった手配も全て葬儀屋さんの仕事内容となります。最近では病院等で奇麗にして頂けるため依頼する方は殆んどおりません。式一連が済みお骨をご自宅にご安置するまでが、葬儀屋さんの仕事です。

▼まとめ

葬儀は非日常的なものです。
葬儀を営む喪主やご親族にとって、わからないことも多いでしょう。
葬儀についてわからないこと、不安な点がある時は、遠慮せずに葬儀屋さん、スタッフに質問してください。
喪中はがきの作り方や葬儀当日の挨拶の内容など、些細なことでも構いません。
ぜひ信頼できる葬儀屋さんと共に、最も良い形で故人を送り出してあげてくださいね。

NEW

  • 紅葉がチラホラ始まりました!

    query_builder 2020/11/06
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • 法事の平服とはどんな服装のこと?

    query_builder 2021/09/15
  • 法事や回忌の意味について

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE