Blog&column
ブログ・コラム

葬儀と告別式にはどういった違いがあるの?

query_builder 2021/02/15
コラム
cementerio-flor-cemetery-death
「葬儀」と「告別式」、どちらも同じものだと思っている方も多いかもしれません。
この二つの言葉には、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は葬儀と告別式の違いについて解説します。

▼葬儀と告別式の違いとは?

一般的に「葬儀」とは、宗教儀式を表します。
故人や親族が信仰する宗派が定義する形式で、一連の儀式を行うのが「葬儀」です。

日本の場合は仏教徒が多いため、葬儀では読経をし、参列者が焼香をするという流れが一般的です。
しかし宗派によっては読経や焼香の代わりに、讃美歌や献などが行われる場合もあります。

いっぽう「告別式」は、故人を見送るための儀式です。
土葬の場合は墓地へ、火葬の場合は火葬場へ故人を送り出す過程を「告別式」といいます。

■葬儀と告別式は同時に行われることも多い

告別式は「別れ」の儀式ですので、特に宗教的な意味はありません。
しかし近年は、葬儀からの流れでそのまま告別式となることも多いため、宗教儀式の一部だと思っている方も多いようです。

とは言えどちらも「故人との別れを惜しむ」という意味は同じですので、そこまで厳密に違いを意識しなくても大丈夫でしょう。

■葬儀や告別式には誰でも参列できるの?

葬儀・告別式は、基本的にどなたでも参列できるものです。

しかし近年は家族葬のように、家族や親族のみで葬儀と告別式を行うケースも増えてきています。
もし葬儀や告別式の案内状が届いていない場合は、無理に押しかけることは控えてください。

どうしても故人とのお別れをしたい場合は、後日改めてお線香を上げに行くと良いでしょう。

▼まとめ

葬儀や告別式は故人と共に過ごす最後の時です。
ぜひしっかりと故人を偲び、故人の安らかな旅立ちを祈ってください。

NEW

  • 紅葉がチラホラ始まりました!

    query_builder 2020/11/06
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • 法事の平服とはどんな服装のこと?

    query_builder 2021/09/15
  • 法事や回忌の意味について

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE