Blog&column
ブログ・コラム

葬儀の費用はどのくらいかかるの?

query_builder 2021/02/01
コラム
27

人生の最後を飾る葬儀では、できる限りのことをしたいと思う方も多いでしょう。
今回は、葬儀の内容によってどのくらいの費用がかかるのかを解説します。

▼葬儀にも色々な形がある

葬儀には、主に以下のような形式があります。

・一般葬
家族葬
火葬式

一般的に「葬儀」というと、大きな会場に参列者を集めて、通夜や告別式を行うといった形を想像する方も多いでしょう。
これは「一般葬」と呼ばれる葬儀です。

しかし最近は、コロナ渦の影響により家族や親族だけの小規模な葬儀である「家族葬」も増えてきています。
10人~30人程度で行いますので、費用も少なめです。

さらに小規模に済ませたい方は「火葬式」といって、通夜も告別式も行わず、火葬のみを行う形式を取る場合もあります。
(菩提寺様のある方はお寺様にも相談してください)

■葬儀による費用の違い

葬儀の形式ごとにかかる大体の東京の平均費用相場は以下のとおりです。
ただ、最近では通夜振る舞いや精進落としを省略もしくは 
お持たせにする方が殆どですので費用面も抑えられています。

・一般葬:100万円~130万円程度(当店では最低総額80万円台)
家族葬:60万円~100万円程度(当店では最低総額60万円台) 
火葬式:30万円~40万円程度 (当店では最低総額20万円台)

上記葬儀費用の内訳の多くは、祭壇一式の費用、お棺等付随品、車代、人件費などです。式場料などは金額が異なりますので別料金になります。
火葬料などは地域によって価格が異なるために、載せていない葬儀屋さんが殆どですので、ご注意してくださいね!(当店では都内火葬料金込みの総金額で記載しています
参列者が少なく小規模な会場であればあるほど、基本的な葬儀費用を抑えることができます。

なお、お坊さんを呼んで読経を行ってもらう場合は、上記の費用の他にお布施がかかります。
お寺によって費用相場は異なりますが、30万円前後(戒名料込みの場合も有り)が平均と言われています。
他にも御車料、お食事料など、かかる費用の内訳は変わるので、各家庭のお寺様のしきたりも確認しておきましょう。

▼まとめ

小規模な葬儀を希望する場合でも、故人に対する敬意は変わりません。
当店では大切な方を送り出す葬儀を作り上げて行くためにも葬家様と
細かくよく話し合い、心に残るご葬儀を施行いたします。
安心してご用命くださいませ。またご質問もご遠慮なくお電話くださいね。
あと一つ、打ち合わせの時「わからないので皆さん、どうしてますか?」は禁句ですよ!

 

NEW

  • 紅葉がチラホラ始まりました!

    query_builder 2020/11/06
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/10/29
  • 法事の平服とはどんな服装のこと?

    query_builder 2021/09/15
  • 法事や回忌の意味について

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE