Blog&column
ブログ・コラム

お通夜の意味とは

query_builder 2020/12/13
コラム
800px-Shoko_通夜焼香_4034566

皆さんはお通夜の意味って分かりますか?
お通夜が葬儀や告別式の前に行うものだと分かっていても、
お通夜の意味までは説明できる人はそう多くはないのではないでしょうか。
ここでは、お通夜の意味についてお話しします。

▼お通夜の意味とは

お通夜とは、葬儀や告別式の前に行う儀式の事で一晩中灯りを絶やさずに亡くなった人を見守る儀式です。
親族や親しくしていた人など縁深い人達が集まって、別れを惜しみます。
本来お通夜を行う日取りは亡くなった次の日に行い、翌日に葬儀(告別式)が行われます。
但し、暦上や親族の都合の問題で日程が少しずれることもあります。
又、以前は先述した通りごく親しい人だけが参列していましたが、最近では一般の方が参列されることも多くなってきました。
なぜなら葬儀(告別式)は日中に行われるため、仕事などの都合で参列できない場合が多いためです。
その為、お通夜に参列できるようにしているのが事実です。

■仮通夜もある

お通夜は亡くなった次の日に行いますが、仮通夜とは亡くなった当日に行われるものです。
親族のみで行われますので、喪服は着ず普段着で参加します。
普段着だからと言って奇抜な服装は避けましょう。
喪服を着て参加してしまうと死を予感していたという意味になってしまい、マナー違反となってしまうので気を付けましょう。

■葬儀・告別式とお通夜の違い

お通夜は亡くなった方との別れを惜しむ儀式であるのに対し、葬儀は亡くなった方を偲ぶ儀式であり僧侶が読経や焼香をし最後に火葬を行います。
又、告別式は亡くなった方とお別れをする式典となっており、葬儀と告別式を同じ日に行うことが一般的です。
葬儀だけは家族で行い、後日告別式を行うというパターンもあります。
俗に言うお別れの会もこれに含まれますね。

▼まとめ

お通夜の意味についてお話ししましたがいかがでしたか?
意味をきちんと理解しておくと、参列する気持ちも変わってくるかと思います。
最近はコロナ渦の影響で葬儀告別式の1日葬がほとんどです。お食事をご用意しなければ費用は変わりませんので、以前のように2日間かけ故人様をお送りする事も大切な事と思います。
弊社ではご遺族様やご故人様に合わせて最適なプランを低価格でご提供いたしております。
ご満足いただける上質なプランをご提供致しますので、お悩みでしたらまずはお問い合わせください。

NEW

  • 当店はエキテンサイトにクチコミを頂いております。

    query_builder 2021/12/09
  • お布施とは?

    query_builder 2021/12/04
  • 愛知県豊田市観光名所「香嵐渓」

    query_builder 2021/11/13
  • 最近では海洋散骨も増えてますね!

    query_builder 2021/10/13
  • 紅葉がチラホラ始まりました!

    query_builder 2020/11/06

CATEGORY

ARCHIVE